ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ 日本−ブラジル

ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ
日本−ブラジル


日本の予選最終戦を迎えた。
ブラジル相手に2点差以上で勝たなければ、
日本は決勝トーナメント進出はなくなるという
非常に厳しすぎる条件。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
goo ドイツW杯特集より

開始直後こそ日本は積極的に攻めるが、
自力に勝るブラジルが徐々に攻勢に出る。
決定機を何度も作るが、川口の壁を破ることができずにいた。
前半34分、劣勢の日本が先取点を奪う。
三都主のスルーパスを受けた玉田のシュートがネットを揺らした。
その後はペースを握った日本ブラジルと互角に渡り合うが、
ロスタイムに日本DFの一瞬の隙を突いたロナウドのゴールで
前半のうちに追いつかれてしまう。

後半は立ち上がりからブラジルが猛攻を仕掛けて、ゴールを奪った。
後半8分のジュニーニョの強烈なミドルシュートを皮切りに、
14分にもロナウジーニョのスルーパスを受けたジウベルトが
サイドネットにボールを突き刺す。
中盤になりペースを落としたブラジルに対して、
日本も攻撃に出たが、36分にロナウドの一発がとどめを刺した。
日本のパスをカットしたDFのフアンがドリブル突破から
ゴール前のロナウドにパスを出す。
これをロナウドがゴール右隅に決めた。
ロスタイムまで攻めた日本だったが、
王者ブラジルの前にグループリーグ敗退となった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この試合は見ていて全く面白みがなかった。
日本は2点差以上をつけなければならない。
なのにボール回しは後ろばっかりやし、
根本的に選手の気迫が感じられなかった。
まるでブラジルと同じ消化試合か?!とも思えた。
全員食あたりで体調が悪かったんちゃうかな。
そんな雰囲気で玉田のゴールを見ても
『おー!!』という感情はなかった、こんなことは珍しいけど。

後半の途中からはオーストラリア−クロアチアの試合を見ていた。
こっちの方が見ていて面白かった。
お互い退場者を出しながら、まさに『必死』だった。
サポーターの声援も凄くてこちらも『必死』だった。
これがワールドカップの決勝トーナメントがかかった試合。
もうこれ以上言ってもしょうがないけど、
負けたからとか、4点も取られたからじゃなくて、
もっと『必死』な姿を見たかった。
それだけが残念でしょうがない・・・。

日本ではすでに次の監督候補の名前が挙がってきている。
7月上旬には発表があるみたいやけど、
次の監督にはサポーターがワクワクするようなチームに育ててもらいたい。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif



この記事へのコメント
試合自体はおもしろくなかったけど
勉強になりました。
やっぱり 失敗こそが向き合うべき
師なのでしょうね。

敗戦から学べ日本。
4ねんごの飛躍までの 伸びしろがたくさんあるじゃないですか。

長い長い滑走路を今 走りはじめる。
Posted by ウェルダン穂積 at 2006年06月27日 01:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ワールドカップ雑感
Excerpt: VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム いやぁもうワールドカップの開幕から映画どころじゃなくなってしまいまして、どこから見ても間違いなくブログは更新停滞中です..
Weblog: NUMB
Tracked: 2006-06-29 10:33

Tchau,tchau.


サッカーは好きですか?
応援よろしくです。
人気ブログランキングバナー_2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。