ワールドカップドイツ大会 決勝 イタリア−フランス

ワールドカップドイツ大会 決勝
イタリアフランス

ワールドカップドイツ大会もついに決勝を迎えた。
この1ヶ月寝不足で目を腫らしながら過ごした方も多いと思います。
睡眠不足の日々からは開放されるのは嬉しいですが、
この試合が終わるとワールドカップも終わってしまうことを
考えると非常に寂ししいです。

さて決勝の対戦カードはイタリアフランス
正直言ってこの両チームは決勝までくるとは思っていませんでした。
イタリアは伝統のカテナチオが効いてここまでオウンゴールの1失点。
フランスはジダンのキレが徐々に増してくると、
チームも上り調子になりました。

試合は開始早々の7分にフランスがPKを獲得し、
これをジダンが余裕を見せたキックで先制した。
が、イタリアも19分にピルロのコーナーキックをマテラッツィが
ヘディングで決め追いついた。
その後試合はフランスペースで進むもお互い得点できず90分が終了。

延長になってもフランスが圧倒し、前半終了間際にジダンが決定的な
ヘディングシューを放ったが、これにブッフォンが反応しファインセーブ。
そして後半になんとジダンが相手に頭付きをしてしまい
1発レッドで退場になってしまった。
現役最後が退場とはなんとも残念だった。

試合は延長でも決まらずPK戦になった。
イタリアは94年にPK戦で負けているので嫌だったかもしれない。
だが今回は違った。
イタリアは5人全員が決めたが、フランスはトレゼゲが外してしまい
この結果、イタリアが24年ぶりの優勝となった。
イタリア優勝カンナバーロ.jpg

僕の中での今大会のイタリアのMVPは、
カンナヴァーロかガットゥーゾだと思っている。
カンナヴァーロはそれほど身長は高くないにも関わらずヘディングも強く、
なんと言ってもディフェンスのカバーリングが最高だ。
しかも攻撃につなげる為のインターセプトも凄い。
カンナヴァーロの良さが全て出た大会だったと思う。
ガットゥーゾは中盤で相手の攻撃の芽を摘むという、
味方のディフェンスからすると非常に助かる選手だ。
いち早く危険なゾーンを読みカバーする。
テレビでは派手に映らないが、
このプレーが試合では大きな役割を果たしている。
この2人なくしてイタリアの優勝はなかったはずだ。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif



ワールドカップドイツ大会 ベスト4決定

ワールドカップドイツ大会 ベスト4決定

ベスト4が出揃いました。
その前に準々決勝イングランドポルトガルから。
ポルトガルは延長に入る前から攻めあぐねてました。
ボールポゼッションは圧倒的にポルトガル。
サイドにボールをまわしてそこから単調なクロスを入れる。
これの繰り返し。
しかしイングランドもルーニーの退場もあって、
前にクラウチを残してカウンターにかけた。
だがあクラウチはゴール前での高さが売りなわけで・・・、
だからハーフェーラインでボールを持っても相手には脅威ではなかった。
そしてお互い終了間際に決定的なチャンスを作ったが決めれなかった。
PKではポルトガルのGKリカルドが当たりまくり!
というか、全部読んでいた。
C・ロナウドも最後のキッカーとして21歳の若さで、
あのプレッシャーの中でよく決めたと思う。


続いてフランスブラジル
フランスは予選リーグこそ調子は今ひとつだったが、
決勝トーナメントに入ってからは本来の調子が戻ってきた。
やはりジダンの出来次第で大きく変わってくる。
この試合もジダンはキレていた。
逆にブラジルはロナウジーニョのポジションを
いつもより前にもってきた。
これが逆効果だった。
ブラジルはトップ下辺りにいるロナウジーニョにボールを集め、
そしてカカと自分たちのリズムを作っていくチームだ。
なのにこの試合はロナウドと2トップを組ませた。
これが間違いだった。
後半11分、ジダンのFKをドフリーのアンリが
決めこれが決勝ゴールになった。
アドリアーノを入れロナウジーニョはいつものポジションに入った。
すると途端にいつものブラジルのボール回しが始まった。
が、時すでに遅し・・・。
結局ブラジルは追いつくことが出来なかった。
やはりあのジンクスはまだ続く・・・。
ワールドカップの前の年にバロンドール(欧州最優秀選手賞)を
獲得した選手のチームは、ワールドカップで優勝できない。
あの常識はずれのロナウジーニョでもジンクスは変えれなかった。


ベスト4の日程
7月5日 4:00 ドイツイタリア
7月6日 4:00 ポルトガル − フランス


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif




ワールドカップドイツ大会 ベスト8決定

ワールドカップドイツ大会のベスト8が決まりました。

ここまで本当に順当にきました。
ただ、予選でそれほど調子が良くなかったフランスが
スペインに勝つとは思いませんでした。
フランスだけが唯一の番狂わせですかね。

初出場のウクライナとポルトガル以外は
過去に優勝経験があります。
ビックリなのはポルトガルは40年ぶりのベスト8!

準々決勝の日程は
30日 ドイツ−アルゼンチン
    イタリア−ウクライナ

7月1日 イングランド−ポルトガル
     ブラジル−フランス

決戦まで2日でしっかり休養をして
ベストコンディションでベストパフォーマンスを期待します。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif


ワールドカップドイツ大会 決勝トーナメント1回戦 ポルトガル−オランダ

ワールドカップドイツ大会 決勝トーナメント1回戦 
ポルトガル−オランダ


決勝トーナメント1回戦でいきなりポルトガル−オランダという
決勝戦のような対戦カード。

この試合は両チーム合わせてイエローカード16枚、レッドカード4枚が
乱れ飛ぶ荒れた試合になってしまった。
ちなみに4人の退場者はワールドカップ史上最多となる。

これに対しFIFAのブラッター会長は、この試合のイバノフ主審を
『今日の主審は参加している選手を裁くに相応しいレベルではなかった。
主審の方がイエローカードかもしれない』と批判した。

試合は前半23分、デコのクロスをパウレタがマニシェに落とし、
マニシェが1人かわし右足で豪快なシュートを決めた。
後半に入りコクのシュートがバーに当たるなどおしい場面を作っていた。
そして終盤はオランダはパワープレーで攻めたが、
ゴールは奪えなかった。

退場者 ポルトガル:コスティーニャ・デコ
    オランダ:ブラールーズ・ファンブロンクホルスト

次のイングランド戦にはコスティーニャ・デコの2人は出れないという
ポルトガルにとっては厳しい状況になった。



Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif


ワールドカップドイツ大会 決勝トーナメント組合せ日程

ワールドカップドイツ大会 
決勝トーナメント組合せ日程


今大会のワールドカップ決勝トーナメント
順当過ぎるぐらいの組合せになりました。
決勝トーナメントに勝ち上がったチームを見てみると、
誰もが強いということを知っているチームばかり。
ここに日本がいないことが寂しいですが・・・。
そしてアジアやアフリカ勢もガーナを除いて敗退してしまった。


6/24(土) 24:00 ドイツ − スウェーデン
       28:00 アルゼンチン − メキシコ

6/25(日) 24:00 イングランド − エクアドル
       28:00 ポルトガル − オランダ

6/26(月) 24:00 イタリア − オーストラリア
       28:00 スイス − ウクライナ

6/27(火) 24:00 ブラジル − ガーナ
       28:00 スペイン − フランス


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ 日本−ブラジル

ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ
日本−ブラジル


日本の予選最終戦を迎えた。
ブラジル相手に2点差以上で勝たなければ、
日本は決勝トーナメント進出はなくなるという
非常に厳しすぎる条件。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
goo ドイツW杯特集より

開始直後こそ日本は積極的に攻めるが、
自力に勝るブラジルが徐々に攻勢に出る。
決定機を何度も作るが、川口の壁を破ることができずにいた。
前半34分、劣勢の日本が先取点を奪う。
三都主のスルーパスを受けた玉田のシュートがネットを揺らした。
その後はペースを握った日本ブラジルと互角に渡り合うが、
ロスタイムに日本DFの一瞬の隙を突いたロナウドのゴールで
前半のうちに追いつかれてしまう。

後半は立ち上がりからブラジルが猛攻を仕掛けて、ゴールを奪った。
後半8分のジュニーニョの強烈なミドルシュートを皮切りに、
14分にもロナウジーニョのスルーパスを受けたジウベルトが
サイドネットにボールを突き刺す。
中盤になりペースを落としたブラジルに対して、
日本も攻撃に出たが、36分にロナウドの一発がとどめを刺した。
日本のパスをカットしたDFのフアンがドリブル突破から
ゴール前のロナウドにパスを出す。
これをロナウドがゴール右隅に決めた。
ロスタイムまで攻めた日本だったが、
王者ブラジルの前にグループリーグ敗退となった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この試合は見ていて全く面白みがなかった。
日本は2点差以上をつけなければならない。
なのにボール回しは後ろばっかりやし、
根本的に選手の気迫が感じられなかった。
まるでブラジルと同じ消化試合か?!とも思えた。
全員食あたりで体調が悪かったんちゃうかな。
そんな雰囲気で玉田のゴールを見ても
『おー!!』という感情はなかった、こんなことは珍しいけど。

後半の途中からはオーストラリア−クロアチアの試合を見ていた。
こっちの方が見ていて面白かった。
お互い退場者を出しながら、まさに『必死』だった。
サポーターの声援も凄くてこちらも『必死』だった。
これがワールドカップの決勝トーナメントがかかった試合。
もうこれ以上言ってもしょうがないけど、
負けたからとか、4点も取られたからじゃなくて、
もっと『必死』な姿を見たかった。
それだけが残念でしょうがない・・・。

日本ではすでに次の監督候補の名前が挙がってきている。
7月上旬には発表があるみたいやけど、
次の監督にはサポーターがワクワクするようなチームに育ててもらいたい。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif



ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ 日本−クロアチア

ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ
日本−クロアチア


決勝トーナメント進出に向けて大事な1戦を迎えた。
勝たなければならない試合。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
goo ドイツW杯特集より

立ち上がりはゆっくりとした展開。
そのなかで先に仕掛けたのは日本だった。
プレスの弱いクロアチアに対して攻め込むが、
徐々にクロアチアもペースを上げてくる。
前半21分、宮本がエリア内でプルソを倒しクロアチア
PKのチャンスを獲得。
スルナのシュートは鋭く右隅を突くが、
川口がスーパーセーブを見せピンチを切り抜ける。
その後も28分のクラニチャルのミドルシュートが
バーを叩くなど両チーム前がかりに試合を進めるが、
スコアレスドローで前半を終える。

後半になると日本は早めに選手を交代し、攻勢に出る。
ボールをキープしてからのミドルシュートなどで流れを引き寄せた。
しかし、クロアチアも中盤でボールを奪ってのカウンターで
決定的な場面をつくり、拮抗した試合展開となった。
終盤になると両チームとも暑さによる疲労が出るが、
依然として前がかりな試合を展開する。
クロアチアは4人のFWを同時に出場させるなど積極性を見せるが、
決定力不足に泣き、両チーム無得点のまま試合終了を迎えた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

しかし川口の凄さは本物だ!
大舞台に強すぎ!
前半のPKも『止めそうやな』と思ってたから安心して見れた。
案の定完全に読みきってスーパーセーブを魅せた。
普通はこれで一気に日本の流れになるはずが・・・。
柳沢あれは決めてくれ!!

と、まあ見ていて非常に疲れる試合だった。
次は予選リーグ最終戦、相手は王者ブラジル。
日本が決勝トーナメントに進出するには、
2点差以上で勝たなくてはならない。
ブラジルは決勝トーナメント進出が決まっているから
メンバーを温存してくるかもしれない。
と言っても、難しいことには変わりはないが・・・。

もうここまできたら奇跡を信じるしかない!!


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ ポルトガルーイラン

ワールドカップドイツ大会 予選1次リーグ 
ポルトガルーイラン


ポルトガルが勝てば以外にも40年ぶりの決勝トーナメント
進出が決まるポルトガル
前半からポルトガルがフィーゴ、デコ、C・ロナウドを
起点に多くのチャンスを作った。
ポルトガルは何度も決定的チャンスを作るも得点を奪えない。
チャンスを活かしきれないポルトガル
イランに流れがくる時が出来るのだがイランも決めることが出来なかった。
結局前半は0−0で終了。

後半に入っても流れはポルトガル
前半同様チャンスは数多く作った。
イランは得点を取りに行くため選手交代をし、
その直後決定的チャンスを2度作ったがゴールは奪えなかった。
そしてポルトガルはパスを回し、フィーゴが左のペナルティエリア付近から
中央にグラウンダーのパス、それをデコがダイレクトでゴール左隅に決めた。
それから数分後今度はフィーゴがドリブルでペナルティエリアに進入し、
ファールを受けPKをゲット!
それをC・ロナウドが落ち着いて決め決勝点となった。
その後もロナウドは果敢にドリブルで仕掛け、
それをことごとくファールを受けていた。
というよりも、『ファールでしか止めれない』という感じだった。
ポルトガルが2−0で勝利し、
40年ぶりの決勝トーナメント進出となった。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

アルゼンチン・オランダ グループリーグ突破!

ワールドカップドイツ大会1次リーグの一番の激戦グループ、
『死のグループ』と言われているC組から
アルゼンチンオランダが決勝トーナメント進出が決定した。

アルゼンチンはセルビア・モンテネグロと対戦。
アルゼンチンは開始早々の6分にマキシ・ロドリゲスのゴールで
先制すると、31分にカンビアッソ、41分には先制点を決めた
マキシ・ロドリゲスがこの試合2点目を決め
アルゼンチンが3点リードして前半を終えた。

後半に入っても試合はアルゼンチンペース。
そして30分には第2のマラドーナと呼ばれているメッシが登場!
その3分後にはクレスポへのアシストを決めた。
39分テベスが決め、終了間際にメッシがワールドカップデビュー戦で
ゴールを挙げた。メッシは1ゴール1アシストの活躍だった。
アルゼンチンは6−0と大勝しての決勝トーナメント進出を決めた。


オランダはコートジボワールとの対戦。
オランダは前半23分にファンペルシがフリーキックで先制。
すぐさま4分後にファンニステルローイが決め、これが決勝弾となった。
その後1点返されたものの、オランダが2−1で勝利し
決勝トーナメント進出を決めた。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

ドイツ・エクアドル・イングランド予選1次リーグ突破

早くもワールドカップ予選1次リーグ突破を決めたチームが出始めた。
どの国も初戦を終え2試合目に入ってきた。

ドイツはポーランドと対戦。
ドイツは攻めるもなかなかゴールを決めれなかった。
徹底したサイド攻撃で、ロスタイムにヌビルが右からのクロスを決めた。
同グループのエクアドルがコスタリカに勝ったため
ドイツエクアドルが早々と決勝トーナメント進出を決めた。
エクアドルは初で、ドイツは旧西ドイツ時代から通産14大会連続の
1次リーグ突破になる。

そしてイングランドはトリニダード・トバゴと対戦した。
イングランドは相手の守りを崩せず苦戦。
しかし、後半38分にベッカムからのクロスをクラウチが頭で決めた。
続いてロスタイムには、ジェラードが得意のミドルシュートを
左足でだめ押し弾。
イングランドは3大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

オーストラリア−日本 ワールドカップ1次予選F組

ワールドカップドイツ大会1次予選F組 オーストラリア−日本


日本が痛恨の黒星発進。
昨日は仕事でテレビが見れなかった。
仕事中も気になって今頃どうなってんねやろうと考えてばかり。
休憩中に携帯で結果をチェック。
サイトを開けた瞬間いきなり目に飛び込んできたのは、
日本オーストラリアに逆転負け』の文字。
それからの仕事はやる気が出ず、ダラダラモードだった。
ビデオの録画をして行ったけど、結果が分かっていてしかも
負けてるとなると見る気がしなかった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
gooドイツW杯特集より
前半25分、日本が中村のゴールで先制点を挙げた。
右サイドからゴール前の高原と柳沢にクロスを入れる。
この2人にディフェンダーとキーパーの注意が集まり、
ボールはノーマークのままゴールに吸い込まれた。
オーストラリアはブレッシアーノやヴィドゥカが
強烈なシュートを日本ゴールに浴びせかけるが、
川口がファインセーブを連発。無得点に抑えて前半を終えた。

日本が試合終了間際の3失点でオーストラリア
逆転の敗北を喫した。
後半途中までは度重なるピンチをよくしのいでいたが
最後まで守りきることはできず。
オーストラリアは後半にケイヒルとケネディ、アロイージを投入。
この采配が的中し、3人の活躍で39分、44分、そしてロスタイムと
立て続けに得点して勝利。
日本は先制後、度々チャンスがありながらも追加点を
挙げることはできなかった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

試合後には俊輔のゴールも誤審疑惑になっていた。
でもやっぱり川口は大舞台に強いですね。
スパーセーブ連発で随分と助けられていたようだ。

すでに後がなくなったジーコジャパン。
残り2戦、勝つしかない!!
奇跡を起こせ!!


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

メキシコ−イラン ワールドカップ1次予選 D組

ワールドカップドイツ大会 1次予選D組 メキシコ−イラン


アジアのトップバッターはイラン、相手は北中米・カリブの強豪メキシコ

前半序盤からイランメキシコ相手に互角の戦いを・・・、いや若干押していたかな。お互い攻めて守っての繰り返し、白熱したゲームで見ていても面白かった。イランはマハダビキアを起点にして、何度もペナルティエリア内にボールを入れるも得点にはならなかった。逆に先制したのはメキシコで、28分に右サイドからのフリーキックをフランコが頭でファーサイドに流すと、そこにつめていたブラボがダイレクトで合わせてゴールを決めた。その後イランは36分、コーナーキックからゴール前にいいボールが入りハシェミアンがシュート。一度はキーパーに防がれたが、跳ね返ったボールをゴルモハマディが蹴り込んで同点にし、前半は1−1で終了した。

後半に入りイランメキシコに攻め込まれる時間帯が続く。ほとんどのセカンドボールがメキシコに拾われてるから仕方ないけど・・・。これがもう少し自分たちがキープできれば流れを変えれるのに。イランは前半飛ばし過ぎたため運動量が落ち始めた。そして31分ついにイランのゴールが破られた。ペナルティエリア内でキーパーのクリアをブロックされメキシコにボールが渡った。レザエイがボールをカットしたが、直後ペナルティエリア内でジーにゃにカットされ絶妙なスルーパスを出され、それに反応したブラボが決め2−1と勝ち越された。この失点でイランは集中を切らしてしまい、すぐさま34分にもジーニャがドリブルで持ち込み、右サイドのメンデスにパス。そしてゴール前にクロスを入れ、それをジーニャがヘディングシュートを決め3−1となった。残り時間を考えると痛恨の2点差になってしまった。イランは結局追いつくことが出来ずに試合終了となった。

メキシコ 3−1 イラン


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

ワールドカップ 1次予選B組 セルビアモンテネグロ−オランダ

ワールドカップドイツ大会 1次予選B組 セルビアモンテネグロ−オランダ

昔から好きなチームであるオランダが登場!!
4年前のオランダは、ワールドカップ本大会にすら出場できないという信じられないことがありました。今回は前回のうっぷんを晴らしてほしい。

前半開始からオランダは積極的にプレッシャーをかけていき、セルビアモンテネグロにボールを廻させなかった。タレントぞろいのオランダの中でも若手の注目株で、前回のEUROでブレイクしたロッベンがかなり調子が良かった。いつもは左サイドにいることが多いロッベンは、17分にファンデルシーがDFの裏を突く絶妙な浮き球のスルーパスに反応した。オフサイドギリギリで抜け出し自慢のスピードに乗ってゴールエリア付近から左足でゴールに流し込みオランダが先制した。その後もロッベンは得意のドリブルでどんどん勝負をしていきチャンスを作って、そして自らも積極的にシュートを放った。セルビアモンテネグロはチャンスは作れず前半を終了。

後半に入りセルビアモンテネグロは、前半とはうって変わって前から積極的なプレッシャーをかけ出した。これによりオランダは思うようにパスを廻せなくなった。その中でもロッベンはドリブルで仕掛け2点目を狙っていた。24分にはあまり調子が良くなかったファンニステルローイがカイトと交代した。その後もお互いチャンスは作るも決定力を欠き、前半の1点を守りきったオランダが勝利した。

今日のロッベンは本当にキレていた。おそらく誰が見てもそう思うだろう、というくらいだった。できればこのままコンディションをキープしていって欲しい。

セルビアモンテネグロ 0−1 オランダ

Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

アルゼンチン−コートジボワール ワールドカップ1次予選C組

ワールドカップドイツ大会 1次予選C組 
アルゼンチン−コートジボワール


試合序盤はコートジボワールが優勢に試合を進めていたが、先制したのはアルゼンチンだった。前半24分にリケルメのFKからこぼれたボールをクレスポがゴールに押し込む。先制された後、コートジボワールは決定的なチャンスを迎えるが、アボダンシエリの好セーブがありゴールならなかった。追加点が欲しいアルゼンチンは、前半38分にリケルメの絶妙なスルーパスに反応したサビオラが得点を奪い、2−0とリードして前半終了。

早い時間帯で追いつきたいコードジボワールは、攻撃的な選手を次々と投入しアルゼンチンゴールに迫った。アルゼンチンはアジャラを中心に懸命のディフェンスでなんとか持ちこたえる。このまま2−0で終了するかと思われた後半37分に、ドログバのボレーシュートで1点を返されたが、残り時間はすでに少なく、2−1のままアルゼンチンが逃げ切った。

アルゼンチン 2−1 コートジボワール


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

トリニダードトバゴ−スウェーデン ワールドカップ1次予選B組

ワールドカップドイツ大会 1次予選B組 
トリニダードトバゴ − スウェーデン


先にリズムを掴んだのはスウェーデン。イブラヒモヴィッチが強烈なシュートでトリニダードトバゴのゴールを脅かした。しかしトリニダードトバゴはゴール前をしっかりと固め、カウンターを狙う。始めはスウェーデンに中盤でボールをカットされ攻撃の形を作ることができなかったが、前半終盤には猛攻を仕掛けることに成功。Sジョンがライン裏に抜け出し積極的にシュートを打ったが無得点、0−0で前半を折り返した。

後半開始早々に2枚目の警告でAジョンが退場となるが、1人減った状態で最後までゴールを守り抜くことに成功。スウェーデンは何度も鋭いシュートを打ち、ゴールを脅かした。しかしキーパーの好セーブに阻まれてチャンスをものにすることができず、悔しいドローとなった。スウェーデンの猛攻をしのぎきったトリニダードトバゴ。初出場ながらも初戦を引き分け、勝ち点1を手にした。

トリニダードトバゴ 0−0 スウェーデン


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

イングランド−パラグアイ ワールドカップ1次予選B組

ワールドカップドイツ大会 1次予選B組 イングランド−パラグアイ

ルーニーの怪我の状態が微妙なものの、それでも優勝候補との呼び声が高いイングランド。17歳のウォルコットを選出するという思い切ったエリクソン監督、これが吉と出るのか凶と出るのか・・・。あとFWのクラウチは、あの身長で高さだけではなくコースを狙ったシュートなど意外と器用です。

パラグアイはGKでキャプテンを務めたチラベルトら、ベテラン勢がいなくなりチームの若返りを図った。期待の若手バルデスは、国内でのプロ契約のないまま18歳でベルダー・ブレーメンと契約。そしてバルデスとコンビを組むサンタクルスも注目の選手。しかし、膝の手術をし復帰したがブランクも考えるとどこまでコンディションを上げているかが問題。

さて試合のほうは開始早々の4分、ベッカムのFKをガマーラがヘディングでクリアしようとするもうまくヒットせず、ボールはそのままゴールに入った。パラグアイは痛恨のオウンゴールを献上してしまった。その後もイングランドの攻めの時間が続き、防戦一方のパラグアイにはチャンスがないまま前半が終了。

1−0とイングランドのリードで折り返した後半、パラグアイは前半よりもチャンスは増えるが決定的な場面はなかった。そしてクエバスを投入し3トップで得点を狙いに行った。が、結局イングランドが前半の1点を守りきり勝ち点3を獲得した。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

ポーランド−エクアドル ワールドカップ1次予選A組

この試合は日本代表の審判、上川主審と広嶋副審が裁いた。

エクアドルは前半24分にデラクルスのロングスローをニアでデルガドが
ヘッドでファーサイドに流し、そこに走りこんだテノリオがヘディングシュートを決めた。

後半35分、DFの裏をついてカビエデスからデルガドとつないで追加点を入れた。ポーランドはロスタイムにブロジェクがシュ−トを打ったが惜しくもポストに阻まれ得点できず・・・試合終了。

2−0で南米予選3位のエクアドルが勝利!

この試合でエクアドルのデルガドは1ゴール、1アシストの活躍で
マンオブザマッチに選ばれた。

エクアドルの標高は2850mでこの日の試合会場は110m。
「今まで高地でしか活躍できないと批判されていたので嬉しい」と、
スアレス監督は笑顔で語っていた。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif

ドイツ−コスタリカ 1次リーグA組

ついにワールドカップドイツ大会が開幕!!
やっぱりスタジアムの雰囲気がなんか違いますね。
開会セレモニーでは、過去のワールドカップ優勝国から当時出場していた選手も登場。憧れのマラドーナも参加する予定でしたがぶちられた(-_-;) まあマラドーナらしいと言えばらしいのですが・・・。あと日本でもお馴染みのリトバルスキー、ブッフバルト、ドゥンガ、レオナルドらも来てました。

セレモニーの後の開幕試合はA組のドイツコスタリカの対戦。
ドイツ国内ではバラックの負傷欠場で大丈夫か?!と不安の声が上がっているようです。ドイツは序盤から前の日本戦の時のような中盤での早いプレスでコスタリカにボールを楽に持たせなかった。開始6分ラームが左サイドからドリブルでペナルティーエリアに入ると、ゴール右隅に豪快なシュートを決め先制した。しかしやっぱり不安定なドイツディフェンス・・・。12分にコスタリカのエースワンチョベが、オフサイドギリギリで抜け出し同点ゴール。ドイツは日本戦と同じような形で早々と追いつかれた。でも17分に右サイドからシュナイダーのグラウンダーのパスをシュバインシュタイガーが走り込みながらナイストラップ、シュートのような速いパスにクローゼが反応し勝ち越しゴール!!

後半はコスタリカも攻撃的にしゴールを狙いに行った。が、逆に緩くなった守備を突かれ押され続け、16分に左サイドからのクロスにクローゼがヘディングシュートするもキーパーにはじかれる。が、こぼれたところをクローゼがもう一度押し込んでこの日2点目を決めた。
コスタリカは28分にワンチョベが再び最終ライン裏に抜け出しシュートを決め1点差にしたものの、ドイツが42分にフリンクスの中央からのミドルシュートでさらに突き放した。
そして試合は終了し、ホスト国ドイツが勝ち点3をゲットした!!









Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif


ワールドカップ開幕まであと1日!!

いや〜、いよいよ明日ワールドカップの開幕です!
テレビや新聞では毎日ワールドカップが特集されてますが、
なんかほんまに明日から始まるんか?!って感じです(笑)
各地のサッカーバーやスポーツバーは大変なことになることでしょう。
スタジアムで見るのは当然楽しいですが、こういう場所での観戦も楽しいですよ。まだ行ったことがない人にはオススメしますよ☆

今大会ではいったい誰がブレイクするのでしょうね??
優勝国も気になるところですが、新たなスーパースターの誕生も楽しみです。ワールドカップではMVPや得点王など色々な賞がありますが、今回は若い選手(確か21歳までだったと思う)の為のいわば新人賞のような賞ができました。ウォルコット17歳(イングランド)やクリスティアーノ・ロナウド21歳(ポルトガル)などが対象選手です。

ワールドカップが終わればヨーロッパはリーグの開幕。
その前にワールドカップで活躍すればビッククラブからのオファーも来るでしょう。選手にとっては最高のアピールの場です。日本代表の選手がワールドカップという最高の舞台で活躍できることを期待しています。

まずは12日のオーストラリア戦ですね。


Tchau,tchau.



サッカーは好きですか?

応援よろしくです。

人気ブログランキングバナー_2.gif


Tchau,tchau.


サッカーは好きですか?
応援よろしくです。
人気ブログランキングバナー_2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。